東洋はり医学会の60周年記念大会・一般社団法人設立祝賀会・経絡大の記事がアップされました

一般社団法人東洋はり医学会のホームページにて、先月開かれた60周年記念大会、一般社団法人設立祝賀会、経絡大について、長岡先生が記事を書いて下さっています。

ああ、そうだったなぁ!と思い返すと共に、

こういうことが学べたなあ、と思い返すために、

是非ご一読くださいませ。

https://www.toyohari.net/5137/


10月6日(日)は支部会です!講師招聘と懇親会もあり。

10月の支部会は第1日曜日の6日です。

場所は通常通り「県民サポートセンター」にて10時からスタートします。
9月の支部会が台風で中止になったので、今年からの新入会員、59期生の皆様は支部員として参加するのは今回が初めてですね。よろしくお願いいたします。みんなで切磋琢磨していきましょう。

都合により欠席・遅刻・早退される方は、メーリングリストのアドレスへご連絡ください。

10月は、普通部1年主任の松下弘陽先生をお招きしています。午前に講義をしていただき、あとはみっちり実技を拝見します。勉強になることは山ほどあるでしょう。みなさん、質問をどんどんしてくださいね。

支部会が終わってから、松下先生を囲んでの懇親会も計画しています。ぜひ、ご参加ください。聴講生の方も懇親会に参加は可能です。参加されたい方は支部聴講のお申し込みの際に、懇親会参加希望とお申し出ください。

当日のスケジュールは:

10:00~ あいさつ 出欠確認 会務報告
10:10~ 松下先生講義 「証決定について」
11:00~ 休憩
11:10~ 中脉チェック 検脉チェック 基本刺鍼 

12:00~ 昼食

13:00~ 小里式・模擬臨床
16:20~ 質疑
16:40~ 反省 

17:00より懇親・歓迎会
19:00 解散

以上 (近藤)


9月8日が支部会です。戸塚ですよ。

場所は戸塚男女共同参画センターです。間違えないよう、お願いいたします。また、おやすみされる場合はメーリングリストにご一報ください。

東洋はり医学会の学術年度が9月始まりになって初めての新学期です。新規の支部会員も参加しての新しい神奈川支部になりますね。

さあさあ! 脉診流経絡治療を習得するために、患者さんのために、切磋琢磨して参りましょう。繰り返しになりますが、今年のテーマは「脉診力をつける」です。簡単にできるものではありませんが、コツコツやっていると見えてくるものがあるはず。

聴講生も参加を募っています。お問い合わせのフォームからお申し込みください!

ご意見・ご希望も随時受けて回っています。同じく問い合わせのフォームからお知らせください。(近藤)


8月は4日(日)に支部会を開きます

場所は通常通りの県民サポートセンターです。

本来夏休みの8月ですが、勉強会を開きます。予定は通常通り。

10:00 本日の予定通達など連絡
10:20 実技 
11:10 休憩   
11:20 実技
12:00 昼休み
13:00 実技
16:30 反省会

特別カリキュラムを組む予定です。より実践的な経絡治療ができるように!頑張りましょう。


経絡大 8月26日、27日

経絡大ポスター

3年に1度、東洋はり医学会が開催する経絡大が今年、開かれます。

2日間、合宿のように1日中、脉診流経絡治療の実技を行います。なかなかわかりづらい、難しいと言われる経絡治療ですが、その技術を掴むチャンスです。

普段、研鑽を積む東洋はり医学会のメンバーも全国から、また世界中からも集まり、一同に介しての勉強会は圧巻ですし、日頃の聴講では聞けない話も聞けるチャンスがあるでしょう。

一般の鍼灸師の方、鍼灸学校に通う学生の方、

ぜひ、夏の終わりに経絡大にご参加ください。お待ちしています。


7月の支部会は21日、講師招聘です!日にちも場所も通常とは違うので要注意

7月の支部会は

7月21日(日) 戸塚男女共同参画センター にて10時から

です。通常とは日にちも場所も違いますので、ご注意くださいね!!

事情でお休みされる方は神奈川支部メーリングリストにご連絡ください。

今回日にちが変則的なのは、

講師招聘

があるからです。

現在、東洋はり医学会で講師をされている 西條先生 においでいただき、講義・実技の指導を一日お願いしています。

西條先生は、どんな質問にもフレキシブルに対応できる先生です。経絡治療を日頃行っていたら、必ず疑問が1つ2つ…100個と出てくるはずです。本部会ではなかなか質問する時間も取れませんので、神奈川支部に来てくださるこの日は見逃せないチャンス!どんどん質問していきましょう。

もちろん聴講生も募集しています。西條先生のお話は聴講生の方には難しいかもしれません。しかしきっと「ああそういうことか!」と思える日がきます。そして、先生の見事な鍼の技術を見ることは、糧になるに違いありません。ぜひ、ご参加ください。 お申し込みは「お問い合わせ」のページからどうぞ。

なお、支部会終了後には西條先生を囲んでの懇親会も予定しております。聴講生も参加可能ですよ。参加希望の方はお申し込みの際に一言お知らせください。


6月の支部会は9日。戸塚で開きます

6月の支部会は第二日曜日の9日です。

場所は戸塚男女共同参画センターです! お間違えないよう、いらしてください。

スケジュールはいつも通り、

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表
10:55 講義
11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

また、事情でお休みされる場合は支部メーリングリストへご一報ください。

聴講生も募集しています。脉診流経絡治療を体験してみませんか?ホームページの「お問い合わせ」からお申し込みください。担当者が折り返し返信します。携帯電話の場合、toyohari-kanagawa.comのアドレスが受け入れられるよう、設定の確認をお願いいたします。

5月の支部会報告

5月は連休中にも関わらず出席してくださってありがとうございました。聴講生の方も参加していただき、13名での支部会となりました。

5月の支部会でもお知らせした通り、今年のテーマは「脉診力」です。脉診力の向上って、大きいテーマです。一気にやるのは無理かもしれない。慌てることはありません。

自分の今の問題はどこかを考える、まずは脉を診られるようにしよう!

どこが問題なのかわからなければそれを見つける。周りにいる支部員に聞いてみよう!

何かしら解決できることが一つでもありますように。(近藤)


5月の支部会は5日子供の日です。4月支部会報告もあり!

次回の神奈川支部会は5月5日(日)に、いつもの横浜県民センターで開かれます。

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表 
10:55 講義   
11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

※都合で欠席する場合は神奈川支部メーリングリストにご連絡ください。

聴講生も通常通り受け付けています。経絡治療って使えるの?と思っている方、使えます。体験しにいらしてください。

お申し込みはお問い合わせのページからフォームを送信してくださいませ。

4月支部会報告

神奈川支部の年間テーマ「脉診力の向上」としました。経絡治療の 強力な武器の一つ、脉診をさらに推し進め、支部員のレベルアップはもちろん、聴講生も少しでも成長できるような指導をしていきます。。

4月に新しい年号が発表され次の時代に近づく中、神奈川支部支部長がわたくし佐藤に変わり新しくなりました。
座右の銘は「初心忘れるべからず」。入会した数年前の気持ちを忘れずに、支部のために貢献出来るよう頑張ります。

次回は5月5日 横浜 県民センターです。
会場が都合により戸塚になることもありますので、ホームページを確認してください。聴講生も随時募集中ですので沢山のご連絡お待ちしております。(佐藤)


神奈川支部役員紹介の記事

東洋はり医学会のホームページにて神奈川支部新規役員の紹介が掲載されました。

https://www.toyohari.net/thblog/4503/

新支部長となる佐藤邦朋さんと近藤の記事です。

支部長・副支部長の抱負の形を取っていますが、神奈川支部は支部員がみんなで作っていく支部になったらいいなと近藤は考えています。上から下への流れではなく、上下左右につながる、

イメージとして「丸い」形の組織でありたいです。(近藤の私見)

意見や希望はどんどんメーリングリストに発信して行きましょう。

それは、支部員も支部のことを考えなければならない、いわばあまり楽ではない状態になるかもしれません。でも、自分が東洋はり医学会に所属して何を得たいのか、考えて行きましょう!ということです。

聴講生の方も、本年度から新組織となる神奈川支部をよろしくお願いいたします。(近藤)


4月の支部会は7日です。お間違えないように!

桜の花

4月は第1日曜日の7日に支部会です。

今年から東洋はり医学会の学術年度が9月始まりとなりますが、今までは4月でしたので4月の本部例会は最終日曜日でした。それに合わせて、支部会は第1日曜日としています。この日程も来年は変わるかもしれませんね。

4月7日の場所は通常通り、横浜の県民サポートセンターで10時から行います。

おやすみされる方は支部長、もしくは学術部長におしらせください。

聴講の方も通常通り募集しています。どしどし!ご参加ください。お申込みは「お問い合わせ」のページよりメッセージをお送りください。担当者が折り返しお返事差し上げます。

3月の支部会

3月も盛況に支部会を終えました。ご参加くださった聴講生の皆様、ありがとうございました。ご意見がありましたらお待ちしております。

支部会では、支部員による講義、支部員の症例発表が午前中に行われます。会に入ると本部の講習部生となります。学術の講義を受け、少なくとも1回は症例発表をしなければなりません。それは結構なプレッシャーです。

支部会では講習生の方に講義は振り分けません。症例発表は講習部で行わなければならないとき、その前に練習の場として支部会で発表してもらいます。

東洋はり医学会に入って経絡治療を勉強できるのはいいけれど、こういうプレッシャーが嫌、という意見も聞いたことがあります。

しかし、1人で患者さんに鍼をするプレッシャーを考えると、支部員の中で発表して話をしていくことは意外と助けになるものです。わからないものは声高に「わかりません!」と言う。助けたいとアドバイスくれる鍼師が支部にはいっぱいいます。

講義ともなると、これもプレッシャーです。しかしそのために致し方なく本や資料を読み漁ると、自分の勉強になっていくと感じます。

やりたい事をやる のは一番大事。

しかしやらされる事も勉強になる。気づきがあるものです。

良いプレッシャーを自分に与えると、いろんなことへの気づきが独りで動いている時よりも多くやってきますよ。

そう。近藤は来年の3月に講義担当します。今から、もうイヤです。(近藤)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。