「 日程 」一覧

7月、8月の支部会を中止とします

自粛が次第にゆるやかになり、街にも人が次第に戻って来ています。県をまたいでの移動も可能になりました。経済問題の解決の方向へと進んでいるわけですが、予防についてはこれまでと同じです。

この人々の活動開始が始まったところで、支部会はすぐに開催するのではなく、様子をみようと決めました。

7月と8月の支部会は残念ながら休止と決定いたしました。

次回の支部会は新年度の9月から開催したいと考えています。講義と症例発表の担当者のリストも学術からお知らせがありましたね。そろそろ準備にとりかかりましょう。

聴講生も、9月から受け入れられるように祈っています。

まずは、患者さんと家族と自分のために、予防は徹底的にしてまいりましょう。


6月の支部会も休止といたします

東京が段階を踏んで自粛解除の方向へと進み、神奈川県もようやく新コロナウイルスの新感染者はなくなってきました。

しかし自粛解除後の状況がどうなるのかわからないのと、まだ不安が拭えないこと、我々の活動はどうしても接触を避けられないことを鑑みて、6月の支部会も休止と決定いたしました。

支部員の皆様は各自、予防、滅菌に気をつけて活動されていると思います。

ただ漫然と休むのではなく、支部会としての活動の方法を試行錯誤しています。ひとまずは視覚障害者の方も比較的入りやすそうなSkypeでのオンラインチャットを、また開催します。

臨床で生じた疑問の解消から、堅苦しいことぬきで雑談など、色々会話を交わしましょう。(近藤)


5月の支部会も中止にいたします

5月

5月に予定していました支部会も、自粛体制に従って中止といたします。

感染症そのものへの対処は各自万全に、仕事に臨みましょう。

恐怖や警戒心もじわじわと広がっている気がします。体にも影響が出てきますね。そういう患者さんも増えてきているのではないでしょうか。

こういう時、鍼灸でできることは大きいです。自分の身を守と同時に、周りに方々の身を守り、

また支部員が一堂に会することができる日を待ちましょう。


4月の支部会も中止とします

桜の花

4月は19日に支部会を開く予定でしたが、新コロナウィルス感染防止対策のため中止といたします。

不特定の人間が集まるセンターで勉強会をすることは感染の可能性を否定できません。勉強の場を求める声もあるかと思いますが、危険を押して集まることは勇気ではありません。

ここは今は各自予防に務め、本を読み自分の技術を磨く時期でしょう。

支部会員の皆様は、鍼灸や臨床で出て来た疑問点・質問がありましたらメーリングリストにどんどんあげてください。みんなで解決していきましょう。

聴講希望の皆様には参加していただけないのが申し訳ありませんが、なるべく早く収束に向かうためにも今は抑えてくださいませ。

 


3月8日の支部会は中止いたします。

3月の支部会は8日に横浜で開催する予定でしたが、いま現在、新コロナウィルスの感染拡散予防が最優先事項と考えられるため、

また我々の仕事は高齢者と関わる機会が多いため、

3月の支部会を休止することと決定いたしました。

早く収束して通常の活動ができるようになることを祈り、今は予防に専念いたしましょう。

 


次の支部会は2月16日です 戸塚です!

2月の支部会は第3日曜日の16日です。本部例会は第2日曜日。変則的なので間違えないようにお願いいたします。 場所は通常通り「戸塚男女参画センター」にて10時からスタートします。 10:00 出席確認 会務報告 10:20 症例発表 10:55 講義 11:30 基本刺鍼 13:00 小里方式・模擬臨床 16:30 反省会 脉のこと、突き詰めて行きましょうね。   1月の総会はこれからの会の運営について色々と話し合えたと思います。総会の時だけでなく、いつでも支部会の内容など改善点に気づかれましたら支部員はメーリングリストに意見を挙げて行って下さい。 今年1年も!頑張りましょう。

新年は1月26日に支部会を開きます。総会です。

2019年もあと少しとなりました。本年は役員も入れ替わり、変化のあった年でしたね。試行錯誤の期間でもありましたが、支部員みんなで良い活動ができるようにして行きたいと考えています。

2020年の最初の支部会は1月26日(日)に横浜で開かれます。

10時から総会を開く日です。午後に時間があれば実技を行います。新しい1年の活動のために、活発なおかつ前向きなご意見をお待ちしています。

なお1月の支部会は総会ですので、残念ながら聴講生は受け入れていません。2月16日の支部会以降、参加していただけます。ご了承ください。
総会後、夕方から新年会を予定しています。場所は県民サポートセンターのすぐ近く。新年会は支部員以外の方も参加可能です。参加してみたい!と思われる方はお問い合わせのページよりご連絡ください。

12月の神奈川支部会も盛況に終了

2019年12月 2019年12月その2

 

 

 

 

 

 

聴講生を含めて20名弱、脉の診方から基本刺鍼、模擬臨床まで実技は盛り上がりました。各自が思うところを話し合っていけるのが支部会の存在意義の一つだと思います。

みなさん、大いに語って議論して、自分の知識と技術を磨いて行きましょうね!

本年も1年間お疲れ様でした。(近藤)


12月8日は今年最後の支部会です

あっという間に師走となりました。

12月の支部会は8日(日)に横浜の県民センターにて行います。

スケジュールはいつも通り

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表
10:55 講義
11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

止むを得ず欠席される方はメーリングリストにご連絡ください。

また聴講も受け付けています。お問い合わせのページよりご連絡くださいませ。


11月17日に合同支部会があります 松下先生招聘のご報告もあり

11月の支部会は、中央合同支部会として関東一円の支部が集まって行う大きな支部会です。

会場は 渋谷区本町区民会館
〒151-0071 東京都渋谷区本町4丁目9−7

10時から点呼、班割りなどの説明を行います。遅れないようにおいでください。

11時から12時まで午前の実技、

午後13時から16時まで午後の実技です。午後には特に脉診の手技の時間をもうけ、脉診力の向上を図ります。

聴講ももちろん可能です。いつもと違って多くの東京近郊の支部のメンバーが揃う支部会となりますので、都合のつく方は是非、参加してくださいね!お申し込みのページからお申し込みください。

10月の支部会には松下弘陽先生に来ていただきました

テーマとしてお願いしていたのは「証決定」について。

証決定といってもなかなか範囲が広いです。自信が持てなくて証に迷いが出るなど、支部員からの質問を踏まえて、松下先生の経験をもとに講義をしていただきました。

午後には松下先生の治療を拝見したいと考え、各班で先生の治療、四診法から刺鍼までを見せていただき、各班の小里式や模擬臨床でもアドバイスをいただきました。

みんな!勉強になりましたね。

近藤が思うに(すみません、個人的見解を述べて)、講習部では統一見解に基づいた学術・実技をとことん習います。脉がわからない、腹診がわからない、問診でよく聞き出せないなど不安になる気持ちも痛いほどわかります。しかし、先輩によく言われて来たことですが、今の自分にできる経絡治療があり、結果を出すことができる、ということ。

色々な講師の方のお話を聞いていると、先輩たちから習って来たことを自分で消化して行くことが大事なんだなと痛切に感じます。どの先生も、習ったことをやるのではなく、それを自分の感覚で理解して覚えて行くことをやって来ているんだと思います。

鍼をするのは自分だから、自分が感じる肌や脉を咀嚼・理解して行きましょう。自信を持って1本の鍼が打てる様に!なるはず。

自分の手で読み取れる限り読み取ってね!!


10月6日(日)は支部会です!講師招聘と懇親会もあり。

10月の支部会は第1日曜日の6日です。

場所は通常通り「県民サポートセンター」にて10時からスタートします。
9月の支部会が台風で中止になったので、今年からの新入会員、59期生の皆様は支部員として参加するのは今回が初めてですね。よろしくお願いいたします。みんなで切磋琢磨していきましょう。

都合により欠席・遅刻・早退される方は、メーリングリストのアドレスへご連絡ください。

10月は、普通部1年主任の松下弘陽先生をお招きしています。午前に講義をしていただき、あとはみっちり実技を拝見します。勉強になることは山ほどあるでしょう。みなさん、質問をどんどんしてくださいね。

支部会が終わってから、松下先生を囲んでの懇親会も計画しています。ぜひ、ご参加ください。聴講生の方も懇親会に参加は可能です。参加されたい方は支部聴講のお申し込みの際に、懇親会参加希望とお申し出ください。

当日のスケジュールは:

10:00~ あいさつ 出欠確認 会務報告
10:10~ 松下先生講義 「証決定について」
11:00~ 休憩
11:10~ 中脉チェック 検脉チェック 基本刺鍼 

12:00~ 昼食

13:00~ 小里式・模擬臨床
16:20~ 質疑
16:40~ 反省 

17:00より懇親・歓迎会
19:00 解散

以上 (近藤)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。