「 日程 」一覧

2021年1月の支部会は総会のみです

新しい年を迎えました。
今年は皆が安心して暮らせる年になりますように。
鍼灸師の私たちは私たちができることをやっていきましょう。

2021年1月の神奈川支部は総会のみとなりました。横浜のサポートセンターも2月7日まで閉鎖されます。

オンライン支部会も今回は行いません。従って聴講生の募集も今回はありません。

2月以降、状況に合わせて学術・技術ともに研鑽する場を設けていきたいと考えています。


12月20日の支部会はオンライン支部会です


すっかり冬の気候になり寒さがしみるようになりました。
12月の神奈川支部会は、間際まで検討していましたが、神奈川県も不要不急の外出を自粛するよう指示が出ましたので、オンライン支部会とすることになりました。

予定通り、9時半ころにスカイプの神奈川支部の部屋へのリンクをメーリングリストで流しますので、参加する支部員は10時までにオンラインになるようお願いいたします。

10時から会務報告、
その後症例発表と講義を予定しています。
ひととおりが終わりましたら、少し臨床質問などの時間を設けたいと考えています。遅くとも12時までには終了しましょう。

聴講生

なお、オンライン支部会の聴講も可能ですので、ご希望の方は「お問い合わせ」のフォームよりご連絡ください。担当者がご案内します。


11月の支部会は15日 横浜です

寒さが本格的になりそうな、でももう11月だからこういうものか、と冬の準備をせかされるこのごろ。新コロナウイルス対策で換気も必要だし暖房も効かせたいしで難しい季節の始まりですね。

11月の神奈川支部会は15日の日曜日に10時から始めます。

予定は:

10時 開始 業務連絡

10時10分 症例発表

10時40分 講義

11時10分 今後の支部会の開催についてミーティング、臨床質問など

オンラインはここまで。

11時40分ころから基本刺鍼

お昼休み

13時から実技(模擬臨床もしくは小里式)

遅くとも15時には終わらせる予定です。

 

少しでも横浜の会場に参加することに不安を感じたらオンラインでの参加としてください。また、少しでも体調に不安を感じたらオンライン参加、もしくはお休みにしてください。

各自の意識が一番大事です。

聴講生も受け入れています。前日までに申し込んでいただけたら、会場への参加もオンラインでの参加も可能です。お問い合わせのページよりお申し込みください。


10月の支部会は18日です。実技を行います

ハロウィーン

あんなに暑かったのが嘘のように一気に寒くなってきました。秋らしい秋はいずこへ。

さて10月の支部会は、18日(日)に久しぶりに開催します。いつもの横浜県民センターにて10時から開始です。

しかしまだ新コロナウイルスの神奈川県感染アラートは黄色いままです。横浜に公共交通機関で出てくることに危惧を感じる人もいます。全員横浜への参加を強制するのではなく、前半の講義と症例発表の時間を今までのオンラインと同様に参加していただけるようにします。ツールは「スカイプ」です。

予定は:

10時 開始 業務連絡

10時10分 症例発表

10時40分 講義

11時10分 今後の支部会の開催についてミーティング、臨床質問など

オンラインはここまで。

11時40分ころから基本刺鍼

お昼休み

13時から実技(模擬臨床もしくは小里式)

遅くとも15時には終わらせる予定です。

 

なお、聴講生も受け付けます。ご希望の方は「お問い合わせ」のページよりご連絡ください。

横浜での支部会に参加される方は聴講生の方も支部員も、くれぐれも、

・マスク着用

・各自手指消毒剤とタオルを持参

を必ず行うとともに、体調がすぐれないなど少しでも感じたら参加予定であっても躊躇せずに休んでください。その際、ご一報ください。

以上、


9月の支部会は20日 オンラインで開催します

しばらく支部会は休止していました。

みなさま元気でお過ごしのことと思います。臨床もがんばっていますか?

9月の支部会は、20日(日)に久しぶりに開催します。しかし今の状態では横浜のセンターに集合するのはリスクが高いと考え、オンラインでの開催とします。

ツールは「スカイプ」です。9月は、まずはスカイプで試してみます。

予定は:

10時 開始 業務連絡

10時10分 症例発表

10時40分 講義

11時10分 今後の支部会の開催についてミーティング、臨床質問など

12時までに終了

です。

これは正式に支部会ですので、欠席される支部会員はメーリングリストにてご連絡ください。


7月、8月の支部会を中止とします

自粛が次第にゆるやかになり、街にも人が次第に戻って来ています。県をまたいでの移動も可能になりました。経済問題の解決の方向へと進んでいるわけですが、予防についてはこれまでと同じです。

この人々の活動開始が始まったところで、支部会はすぐに開催するのではなく、様子をみようと決めました。

7月と8月の支部会は残念ながら休止と決定いたしました。

次回の支部会は新年度の9月から開催したいと考えています。講義と症例発表の担当者のリストも学術からお知らせがありましたね。そろそろ準備にとりかかりましょう。

聴講生も、9月から受け入れられるように祈っています。

まずは、患者さんと家族と自分のために、予防は徹底的にしてまいりましょう。


6月の支部会も休止といたします

東京が段階を踏んで自粛解除の方向へと進み、神奈川県もようやく新コロナウイルスの新感染者はなくなってきました。

しかし自粛解除後の状況がどうなるのかわからないのと、まだ不安が拭えないこと、我々の活動はどうしても接触を避けられないことを鑑みて、6月の支部会も休止と決定いたしました。

支部員の皆様は各自、予防、滅菌に気をつけて活動されていると思います。

ただ漫然と休むのではなく、支部会としての活動の方法を試行錯誤しています。ひとまずは視覚障害者の方も比較的入りやすそうなSkypeでのオンラインチャットを、また開催します。

臨床で生じた疑問の解消から、堅苦しいことぬきで雑談など、色々会話を交わしましょう。(近藤)


5月の支部会も中止にいたします

5月

5月に予定していました支部会も、自粛体制に従って中止といたします。

感染症そのものへの対処は各自万全に、仕事に臨みましょう。

恐怖や警戒心もじわじわと広がっている気がします。体にも影響が出てきますね。そういう患者さんも増えてきているのではないでしょうか。

こういう時、鍼灸でできることは大きいです。自分の身を守と同時に、周りに方々の身を守り、

また支部員が一堂に会することができる日を待ちましょう。


4月の支部会も中止とします

桜の花

4月は19日に支部会を開く予定でしたが、新コロナウィルス感染防止対策のため中止といたします。

不特定の人間が集まるセンターで勉強会をすることは感染の可能性を否定できません。勉強の場を求める声もあるかと思いますが、危険を押して集まることは勇気ではありません。

ここは今は各自予防に務め、本を読み自分の技術を磨く時期でしょう。

支部会員の皆様は、鍼灸や臨床で出て来た疑問点・質問がありましたらメーリングリストにどんどんあげてください。みんなで解決していきましょう。

聴講希望の皆様には参加していただけないのが申し訳ありませんが、なるべく早く収束に向かうためにも今は抑えてくださいませ。

 


3月8日の支部会は中止いたします。

3月の支部会は8日に横浜で開催する予定でしたが、いま現在、新コロナウィルスの感染拡散予防が最優先事項と考えられるため、

また我々の仕事は高齢者と関わる機会が多いため、

3月の支部会を休止することと決定いたしました。

早く収束して通常の活動ができるようになることを祈り、今は予防に専念いたしましょう。

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。