「 取穴 」一覧

国際指導者研修会報告 2018年7月22日〜23日

国際指導者研修会報告

全国的に猛暑の中、7月22、23日 東京グランドホテルにて国際指導者研修会が行われました。全国から150人以上が集まり、神奈川支部からは、鈴木仁支部長、鈴木敏副支部長、森田さん、近藤さん、佐藤の5名が参加しましました。

この研修会は、個々の技術向上よりも、後輩への指導技術の向上がメインのカリキュラムになっていて、普段の本部会や支部会では行わない特別なものになっていました。

自分の技術を高めるのは臨床や練習、先輩に教えてもらえばいいのですが、「教え方を身につける」というのは経験が少なく難しい話です。それだけに、今回の研修はヒントやアイデアが沢山盛り込まれていて、非常に有意義な時間になりました。

実技内容は、補瀉の手法、取穴、小里方式です。
一班5~6人で班長や刺鍼者、受鍼者、検脉者が入れ替わるようになっていて全員がそれぞれの役を行い指導します。

基本刺鍼では脉に変化を出すだけでなく、何が足りないか、どのような指示が必要かを班内でディスカッションします。他の先生方の言葉の使い方、表現の方法などは勉強になりました。

取穴では標準位置の確認として目隠しで取穴しました。晴眼の人はいかに視力に頼っているか、触覚所見を使っていないかが分かり、面白いトレーニングだと思いました。

小里方式では、刺鍼者に対して素早く的確に指示できることを目標にして練習しました。監視役というのを設け、良い指導が出来ているかを一歩外からチェックしました。客観的に見ることで、良い悪いが新たに見えてきました。また、ほかの先生方の指導の仕方を見ることが出来て大変参考になりました。

 

個人的には検脉力の向上を目的に参加しました。指導するにあたり検脉にて的確にアドバイスすることが、脉診を掲げる本会の指導者として必要不可欠だと感じているからです。脉の変化を捉え、問題点を見つけ、言葉にし、指導する。意識して取り組んでいると少しずつ感じれるようになり、他の先生方と同じ言葉が出てくるようになり成果を感じられました。

次回の支部会から、皆さんが支部会で一日一つでも持ち帰る事が出来るように、レベルの高い指導を心がけていきたいと思っています。

そして今度は、自分の実力を高める為にもぜひ多くの方が指導者研修会に参加して指導方法を学んで頂きたいと思います。

最後にお忙しい中、この研修会を企画、実行していただいた先生方に感謝します。ありがとうございました。

以上

52期 佐藤邦朋


8月の支部会は5日です! 場所は支部長の治療院です。:それと7月の支部会報告

8月の支部会は、最初に決めた予定から変更があり、

8月5日(日)の10時から

です!

場所は鈴木支部長の治療院にて行われます。

鍼・灸・マッサージペンタ

9時半に洋光台の駅に集合しますので、迷いそうな方は時間までに駅においでください。

日時、場所に間違いのないよう、お願いいたします。

 7月の支部会報告

7月支部会

7月は、江花副理事長をお呼びしての支部会でした。
講義は、各自のレベルで思うことあり!のお話で、ためになったと思います。反省すること、しきりです。自分の治療がどういうものなのかをしっかり見直し、足りないところ(たくさん!)を支部会・本部会で補強修正していきましょう。

午後の実技でも、取穴から模擬治療まで、各班をまわって的確に指導していただけました。
一番の価値は、江花先生の鍼を受けられたことじゃないでしょうか。習熟者の方はもちろん、講習部の皆さんは、先生の補法を受けた感じをしっかり覚えて、どういう鍼をすると良いのか、を考え実践していきましょう。

江花先生、本当にありがとうございました!(近藤)


7月の支部会は15日です。副会長の講義がありますよ!


7月は第3日曜日の15日が支部会です。
通常通り、横浜の県民サポートセンターで開かれます。
お休みされる方は、支部長もしくは学術部長までご連絡ください。
聴講生も、もちろん募集しています。是非「お問い合わせ」のページからお申し込みください。

この月は副会長の江花先生にいらしていただいて午前は講義、午後から実技をみっちり教わります。しっかり質問ができるように各自予習をしておきたいですね。せっかく来ていただくのですから!

10:00~10:10  点呼・会務報告
10:10~11:00  江花副会長の講義相剋調整による五行穴の運用と特徴
11:00~11:20  質疑応答
11:20~11:30  10分休憩
11:30~12:10  基本刺鍼
12:10~13:10  昼休み
13:10~14:20  取穴陰経七穴
14:20~14:30  10分休憩
14:30~16:20  小里・模擬臨床
16:20~16:40  反省
17:00から懇親会

支部会が終わってから、江花先生を囲んで懇親会が開かれます。
ここも質問会かも!ですよ。

6月の支部会報告

取穴では、やはり取り方に忠実に取穴したとしても人によってズレが出て来ましたね。
どこも経絡に入っている限り、何かしら鍼の影響は出るとは思います。
しかし、一本の鍼の力をより活かせるのは、その患者さんの正しい反応経穴です。
しっかりと取穴できるように、修行!修行!

(近藤)


2018年もよろしくお願いいたします

2018年最初の支部会も無事に終わりました。

1月は総会がメインとなり、役員・規定など諸々の決定やこの1年の計画・目標などのミーティングが行われるため、聴講生の受付もなく行われます。
昼食にかからずにサクサクと終了したので、実技の時間もたっぷりありましたね。
神奈川支部員一同、今年も学術と技術の研鑽を目標として頑張って行きましょう!

 

2018年の実技テーマも、取穴 です

以上

(近藤)


12月の支部会報告

12月10日に今年最後の支部会を開催いたしました。

10:00 出席確認 会務報告 支部長挨拶
10:30 講義 「食養生」46期 山舘博行
11:10 症例発表 「痺れをともなう腰痛」 44期 小松茂
13:00 基本刺鍼
14:00 取穴
15:00   小里方式・模擬臨床

16:30 反省会

出席者は18名でした。

 

今年のテーマである「取穴」の総まとめはできたでしょうか。

縦のラインと横のラインでしっかり位置が確定されている
はずなのに、人によって取った場所が違っていることが多いです。

基本の取穴位置は「基本」。

生きたツボは、その基本の場所から探していきます。
でも、なかなか基本的な場所が違っちゃう!

それは経験が浅いからとかではないです。
ツボの位置は解剖学的な表現で説明されています。

自分がどの筋肉を辿っているのか、このひとの関節はどこなのか、
触診でしっかり把握できるように。
これも大事な訓練です(自戒を込めて)。

では、来年も良いお年をお迎えください。

(近藤)


10月の支部会報告

10月の支部会報告です

脉をみる写真

10:00    出席確認  会務報告
10:40    講義「証決定」 52期 鈴木 敏之
11:00    症例発表「アトピー性皮膚炎」 48期 西山 憲一
11:30    基本刺鍼
12:00    昼休み
13:00    取穴
14:20    小里方式・模擬臨床
16:30    反省会

今月は 16名の支部会員が参加し、部屋が狭く感じるほど熱気のある支部会となりました。

午後からの、今年のテーマである「取穴」の時間ではマーカーで各自印をつけ、

・人によってどれだけ場所が違うのか目でみてチェック
・テイシンをあてて脉をチェックし、どの場所が一番脈がよくなるのか検証

など、経穴の基本的な場所と生きているツボの確認を行っています。

基本刺鍼の練習と共にツボの確認作業をし、
毎月の支部会の実技で基本技術の再確認ができるようになっています。
色々とプランを立ててくれた学術担当の佐藤先生、ありがとう!

(近藤)


10月は8日が支部会です

脉診の写真1

10月は予定どおり、第2日曜日の8日に支部会を開きます。部屋は県民サポートセンターの306 号室です。

10時からスタートしますので、遅刻のないようお願いいたします。

また、都合で欠席する場合は支部長(鈴木)と学術部長(佐藤)にご連絡下さい。

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表
10:55 講義
11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

午前中は今年のテーマである取穴と基本刺鍼を行います。確実に、ツボを捉える練習をすると共に、脉の変化で取穴や押し手など技術の良し悪しを読み取れる練習をしましょう。

聴講も、もちろん募集しています。

どしどし、いらしてくださいね。お申し込みは「お問い合わせ」のページより、お願いいたします。


篠田豊先生をお招きしての7月の支部会は7月16日です。

7月の支部会は、予定通り7月16日(日)です。

今月は、本部の篠田 豊先生をお招きして、講義と実技の指導をいただきます。なかなか無いチャンスです。聴講希望も受け付けておりますので、是非、ご参加ください。

 

支部会は通常通り、10時からスタートしますので、遅刻のないようお願いいたします。

また、都合で欠席する場合は支部長(鈴木)と学術部長(佐藤)にご連絡下さい。

 

日程は下記の通りです。

10時    点呼 会務報告 支部長挨拶

10時10分 篠田理事による講義 「証決定」

       50分間 20分ほど質疑  

11時20分 基本刺鍼

12時    昼食60分

13時    取穴 70分間

14時10  休憩10分

14時20分 小里、模擬臨床

16時30分 実技終了

16時30分 反省 15分ほど

17時30分 懇親会 57期生歓迎会 横浜駅近くの「伝兵衛」にて行われます

 

 

 


支部会報告 5月

2017年5月5月14日(日)の支部会報告です。

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表「不眠・うつ」 53期 藤原 浩美
10:55 講義 「取穴の補瀉」52期 佐藤 邦朋
11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

 

本年度の神奈川支部のテーマは、「取穴」です。

一本の鍼の効果を最大限にするには「生きているツボを取る」ことが大事ですが、まずは基本的な取穴が出来なければ、生きているツボを探すことは困難です。ペンで各自、取穴した所にマークすると、基本の経穴を取ったはずでもズレが生じるのがわかりました。これから1年、しっかりツボを取る練習をして行きましょう!

 

本年度は2人の新入生を迎えました。

これからよろしくお願いいたします。質問はいつでも誰にでも、どんどんして下さい。本部会では聞きにくいことを聞けるのが、支部会の良いところです。その都度疑問を解決して、次の疑問を持つためにも、「こんなこと聞いてもいいのかな?」と思えることでも質問をすることは大事です。

 

そして5月は2人の聴講生の方も参加して、総勢19人の会となりました。

聴講生の方、特に東洋はり医学会の鍼を体験したりみたりするのが初めての方には、接触鍼だけでお腹や脉が変化することを体験してもらうことを大事にしています。お二方とも、脉の小さな変化や、肌のツヤの変化なども感じてもらえたみたいで、感覚の鋭さに驚きました。脉診流は「難しい」というイメージがありますが、こういう患者さんのカラダの変化を捉えることで、自分の一本の鍼の効果を確かめることのできる技術です。

 

(近藤)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。