「 5月 」一覧

支部会報告 5月

2017年5月5月14日(日)の支部会報告です。

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表「不眠・うつ」 53期 藤原 浩美
10:55 講義 「取穴の補瀉」52期 佐藤 邦朋
11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

 

本年度の神奈川支部のテーマは、「取穴」です。

一本の鍼の効果を最大限にするには「生きているツボを取る」ことが大事ですが、まずは基本的な取穴が出来なければ、生きているツボを探すことは困難です。ペンで各自、取穴した所にマークすると、基本の経穴を取ったはずでもズレが生じるのがわかりました。これから1年、しっかりツボを取る練習をして行きましょう!

 

本年度は2人の新入生を迎えました。

これからよろしくお願いいたします。質問はいつでも誰にでも、どんどんして下さい。本部会では聞きにくいことを聞けるのが、支部会の良いところです。その都度疑問を解決して、次の疑問を持つためにも、「こんなこと聞いてもいいのかな?」と思えることでも質問をすることは大事です。

 

そして5月は2人の聴講生の方も参加して、総勢19人の会となりました。

聴講生の方、特に東洋はり医学会の鍼を体験したりみたりするのが初めての方には、接触鍼だけでお腹や脉が変化することを体験してもらうことを大事にしています。お二方とも、脉の小さな変化や、肌のツヤの変化なども感じてもらえたみたいで、感覚の鋭さに驚きました。脉診流は「難しい」というイメージがありますが、こういう患者さんのカラダの変化を捉えることで、自分の一本の鍼の効果を確かめることのできる技術です。

 

(近藤)


5月の神奈川支部会は5月21日です


4月に行われた中央支部合同支部会も盛大に終わりました。
普段は接するチャンスのない他の支部の先生たちと共に実技の練習をすることで、四診法や刺鍼法など色々な面で新しい刺激を受けます。

定例となっている本部会に参加することも、大先輩を始めとする大勢の先生たちと接し、各先生が培ってきた技術と知識のおすそ分けしていただけるのがありがたい!と思っています。

普段、孤独に活動することが多い鍼灸師の仕事です。
一人ではなかなか解決しないことも、大勢でシェアすれば、皆が解決の道へと進むことができるでしょう。

なんて感じで、5月の支部会も楽しんで頑張りましょう。

聴講ご希望の方はお問い合わせページより前日までにご連絡ください。

*通常、10時から始まりますが、今回は支部員で話し合いがありますので、支部員は9時半に集まってください

日時 : 2017年5月21日(日)
場所 : 横浜県民サポートセンター

時間割 :

9:30 ミーティング

10:00〜10:10 点呼・会務報告

10:10~10:35 症例発表

10:35~11:00 講義

11:00~11:10 10分休憩

11:10~12:00 基本刺鍼

12:00~13:00 昼休み

13:00~14・10 取穴

14:10~14:20 10分休憩

14:20~16:20 各班小里・模擬臨床

16:20~16:30 反省


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。