「 講義 」一覧

4月の支部会は7日です。お間違えないように!

桜の花

4月は第1日曜日の7日に支部会です。

今年から東洋はり医学会の学術年度が9月始まりとなりますが、今までは4月でしたので4月の本部例会は最終日曜日でした。それに合わせて、支部会は第1日曜日としています。この日程も来年は変わるかもしれませんね。

4月7日の場所は通常通り、横浜の県民サポートセンターで10時から行います。

おやすみされる方は支部長、もしくは学術部長におしらせください。

聴講の方も通常通り募集しています。どしどし!ご参加ください。お申込みは「お問い合わせ」のページよりメッセージをお送りください。担当者が折り返しお返事差し上げます。

3月の支部会

3月も盛況に支部会を終えました。ご参加くださった聴講生の皆様、ありがとうございました。ご意見がありましたらお待ちしております。

支部会では、支部員による講義、支部員の症例発表が午前中に行われます。会に入ると本部の講習部生となります。学術の講義を受け、少なくとも1回は症例発表をしなければなりません。それは結構なプレッシャーです。

支部会では講習生の方に講義は振り分けません。症例発表は講習部で行わなければならないとき、その前に練習の場として支部会で発表してもらいます。

東洋はり医学会に入って経絡治療を勉強できるのはいいけれど、こういうプレッシャーが嫌、という意見も聞いたことがあります。

しかし、1人で患者さんに鍼をするプレッシャーを考えると、支部員の中で発表して話をしていくことは意外と助けになるものです。わからないものは声高に「わかりません!」と言う。助けたいとアドバイスくれる鍼師が支部にはいっぱいいます。

講義ともなると、これもプレッシャーです。しかしそのために致し方なく本や資料を読み漁ると、自分の勉強になっていくと感じます。

やりたい事をやる のは一番大事。

しかしやらされる事も勉強になる。気づきがあるものです。

良いプレッシャーを自分に与えると、いろんなことへの気づきが独りで動いている時よりも多くやってきますよ。

そう。近藤は来年の3月に講義担当します。今から、もうイヤです。(近藤)


今年最後の支部会は12月9日です。

さあ、今年も押し迫ってまいりました。

次回、今年最後の神奈川支部会は12月9日(日)です。場所は通常通り、横浜の県民センターで、10時スタートです。

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表
10:55 講義
11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

都合によりお休みされる方は、支部長もしくは学術部長にご連絡ください

聴講生の参加も、もちろん募集しています。ご希望の方は「お問い合わせ」のページよりご連絡くださいね。

11月支部会のご報告

11月4日(日)、中村副会長をお招きしての支部会でした。

中村先生の講義

 

今回、希望により色体表の解説をしていただきました。本を読み砕いて行くと、ふと疑問が出てくるものです。そういうちょっとした疑問を解消していける講義でした。中村先生曰く、自分なりに治療の経験を通して解釈していくことが大事、とのこと。日々治療をして行く中で、ああ、このことか!と理解していくものが、色体表をはじめとする古典なのかもしれません。

実技の時間も、各班を回って指導していただきました。

中村先生が技術・知識が豊富なのはもちろんですが、古典からの文そのままではなく、どう表現すれば良いかをいつも考えてらして、イメージを掴みやすい話になるようわかりやすい例えを使うなど工夫をされているそうです。なるほど!!

わかりやすい例に置き換えられるのは、理解できてこそです。

技術を高めることはもちろんですが、本!読んでいきましょう!

疑問が出たらドシドシ支部会で質問してみましょう。そのための支部会です。

支部会後の懇親会でもたくさんお話を伺うことができました。

中村先生、本当にありがとうございました。(近藤)


無料体験特別入会説明会 8月5日(日)に相模大野で開かれます!

来たる8月5日の日曜日、

会長の治療院にて無料体験特別入会説明会が開かれます。
これはチャンス!

https://www.toyohari.net/3307/

何がチャンスかというと、

・会長の鍼灸院の中を見ることができる。
・会長の講義がすごく近くで聴ける。
・会長の手技を見るチャンスがすぐそこ!
・少人数での実技は質問攻めにするのも気軽にできる。
・終わってから懇親会(これは有料です)に参加すれば、フランクに東洋はりの色々を聞くことができる。

などなど、

実際に参加すればもっとありそうな会です。

お近くの方も遠くの方も、ご応募お待ちしています。


7月の支部会は15日です。副会長の講義がありますよ!


7月は第3日曜日の15日が支部会です。
通常通り、横浜の県民サポートセンターで開かれます。
お休みされる方は、支部長もしくは学術部長までご連絡ください。
聴講生も、もちろん募集しています。是非「お問い合わせ」のページからお申し込みください。

この月は副会長の江花先生にいらしていただいて午前は講義、午後から実技をみっちり教わります。しっかり質問ができるように各自予習をしておきたいですね。せっかく来ていただくのですから!

10:00~10:10  点呼・会務報告
10:10~11:00  江花副会長の講義相剋調整による五行穴の運用と特徴
11:00~11:20  質疑応答
11:20~11:30  10分休憩
11:30~12:10  基本刺鍼
12:10~13:10  昼休み
13:10~14:20  取穴陰経七穴
14:20~14:30  10分休憩
14:30~16:20  小里・模擬臨床
16:20~16:40  反省
17:00から懇親会

支部会が終わってから、江花先生を囲んで懇親会が開かれます。
ここも質問会かも!ですよ。

6月の支部会報告

取穴では、やはり取り方に忠実に取穴したとしても人によってズレが出て来ましたね。
どこも経絡に入っている限り、何かしら鍼の影響は出るとは思います。
しかし、一本の鍼の力をより活かせるのは、その患者さんの正しい反応経穴です。
しっかりと取穴できるように、修行!修行!

(近藤)


9月の支部会報告

9月17日に支部会を開きました。

 

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表

・症例発表「上腹部の不快感」
55期 松岡 優衣

・症例発表「肩コリ」
56期 清水 芳江

11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

 

今月の支部会は2名の方の症例発表がありました。一人は初めてで、もう一人は2回目の症例発表でした。人前での発表は緊張したと思います。

症例発表も講義も、その担当者のその時その時のレベルに応じた発表になると思います。今回2回目だった発表者は前回よりも格段にレベルアップしていました。

経絡治療に限らず何事も、成長著しい時と壁にぶつかって伸び悩む時期が必ずあると思います。それでも続けていれば、きっと更に上達して見えなかったことが見えてくるように、できなかったことが出来るようになってくると思います。

共に励まし合いながら学んで行けたらと思っております。

発表者のお二人、ご苦労様でした。

(藤原)

 


8月の支部会報告

8月の支部会報告です

脉をみる写真

10:00    出席確認  会務報告
10:10    講義「鍼専門家への道」 浅場先生
11:30    基本刺鍼
13:00    取穴
14:20    小里方式・模擬臨床
16:30    反省会

 

今月は 9名の支部会員と2名の聴講生の参加者がありました。

8月は通常の支部会はお休みで、今回は任意参加となっているため、少人数によるものとなりました。少人数であるからこそ、実技はじっくり質問もできて、これもまた良い機会となったことと思います。

また、浅場先生の鍼専門家への道の講義は、各人各様に響くものがあったはずです。先輩先生の言葉を大切に、自分たちの鍼の向上を目指していきましょう。

(近藤)


篠田豊先生をお招きしての7月の支部会は7月16日です。

7月の支部会は、予定通り7月16日(日)です。

今月は、本部の篠田 豊先生をお招きして、講義と実技の指導をいただきます。なかなか無いチャンスです。聴講希望も受け付けておりますので、是非、ご参加ください。

 

支部会は通常通り、10時からスタートしますので、遅刻のないようお願いいたします。

また、都合で欠席する場合は支部長(鈴木)と学術部長(佐藤)にご連絡下さい。

 

日程は下記の通りです。

10時    点呼 会務報告 支部長挨拶

10時10分 篠田理事による講義 「証決定」

       50分間 20分ほど質疑  

11時20分 基本刺鍼

12時    昼食60分

13時    取穴 70分間

14時10  休憩10分

14時20分 小里、模擬臨床

16時30分 実技終了

16時30分 反省 15分ほど

17時30分 懇親会 57期生歓迎会 横浜駅近くの「伝兵衛」にて行われます

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。