「 症例発表 」一覧

4月の支部会は7日です。お間違えないように!

桜の花

4月は第1日曜日の7日に支部会です。

今年から東洋はり医学会の学術年度が9月始まりとなりますが、今までは4月でしたので4月の本部例会は最終日曜日でした。それに合わせて、支部会は第1日曜日としています。この日程も来年は変わるかもしれませんね。

4月7日の場所は通常通り、横浜の県民サポートセンターで10時から行います。

おやすみされる方は支部長、もしくは学術部長におしらせください。

聴講の方も通常通り募集しています。どしどし!ご参加ください。お申込みは「お問い合わせ」のページよりメッセージをお送りください。担当者が折り返しお返事差し上げます。

3月の支部会

3月も盛況に支部会を終えました。ご参加くださった聴講生の皆様、ありがとうございました。ご意見がありましたらお待ちしております。

支部会では、支部員による講義、支部員の症例発表が午前中に行われます。会に入ると本部の講習部生となります。学術の講義を受け、少なくとも1回は症例発表をしなければなりません。それは結構なプレッシャーです。

支部会では講習生の方に講義は振り分けません。症例発表は講習部で行わなければならないとき、その前に練習の場として支部会で発表してもらいます。

東洋はり医学会に入って経絡治療を勉強できるのはいいけれど、こういうプレッシャーが嫌、という意見も聞いたことがあります。

しかし、1人で患者さんに鍼をするプレッシャーを考えると、支部員の中で発表して話をしていくことは意外と助けになるものです。わからないものは声高に「わかりません!」と言う。助けたいとアドバイスくれる鍼師が支部にはいっぱいいます。

講義ともなると、これもプレッシャーです。しかしそのために致し方なく本や資料を読み漁ると、自分の勉強になっていくと感じます。

やりたい事をやる のは一番大事。

しかしやらされる事も勉強になる。気づきがあるものです。

良いプレッシャーを自分に与えると、いろんなことへの気づきが独りで動いている時よりも多くやってきますよ。

そう。近藤は来年の3月に講義担当します。今から、もうイヤです。(近藤)


支部会報告 6月

6月の支部会報告です         

10:00    出席確認  会務報告
10:10    症例発表「左首こり、肩こり」55期 伊藤 岸代
10:35    講義 「病証論」  54期 中島 有史
11:25    基本刺鍼
13:00    取穴・小里方式・模擬臨床
16:30    反省会

 

今月は17名の支部会員と2名の聴講生(内1名は渋谷支部所属)の参加者がありました。

講義(研究部以上の支部会員)や症例発表(全員)は、持ち回りで発表するのですが、皆さん、よく準備をしてこの発表に臨んでいるなと思います。

発表することによって、じっくりと自分の治療を見直したり、参考図書を再度熟読したりして知識の吸収を図れます。

もしかしたら、発表は不慣れなこともあるかもしれませんが、回数を重ねるごとに成長はしていくと思います。

実技時間だけでなく、午前中の講義や症例発表の時間も、発表する側も受ける側も勉強になる時間だと思います。

(藤原)


3月神奈川支部会報告

3月19日(日)に、3月の支部会が開かれました。
聴講生を含めて21人が参加し、盛況な会となりました。

9:30  出席確認 会務報告

9:50  症例発表「右足裏のしびれ」 49期 鈴木 仁

10:30  講義 「五行穴の性格」 53期 藤原 浩美

11:00  基本刺鍼

13:00  小里方式・模擬臨床

16:30  反省会

 


2月神奈川支部会報告

2月支部会

2月19日(日)に、戸塚の男女共同参画センターにて開催しました。
*参加者15人 聴講生1人

9:30 出席確認 会務報告
10:00 はり専門家への道 49期 鈴木 仁
10:30 症例発表:「喉のつかえ」54期 中島 有史
11:00 基本刺鍼: 4班に分かれ、基本の補法・瀉法の練習

12:00 昼食

13:00 小里方式・模擬臨床: 午前の班で引き続き実技
16:30 反省会


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。