「 支部会 」一覧

10月の支部会は18日です。実技を行います

ハロウィーン

あんなに暑かったのが嘘のように一気に寒くなってきました。秋らしい秋はいずこへ。

さて10月の支部会は、18日(日)に久しぶりに開催します。いつもの横浜県民センターにて10時から開始です。

しかしまだ新コロナウイルスの神奈川県感染アラートは黄色いままです。横浜に公共交通機関で出てくることに危惧を感じる人もいます。全員横浜への参加を強制するのではなく、前半の講義と症例発表の時間を今までのオンラインと同様に参加していただけるようにします。ツールは「スカイプ」です。

予定は:

10時 開始 業務連絡

10時10分 症例発表

10時40分 講義

11時10分 今後の支部会の開催についてミーティング、臨床質問など

オンラインはここまで。

11時40分ころから基本刺鍼

お昼休み

13時から実技(模擬臨床もしくは小里式)

遅くとも15時には終わらせる予定です。

 

なお、聴講生も受け付けます。ご希望の方は「お問い合わせ」のページよりご連絡ください。

横浜での支部会に参加される方は聴講生の方も支部員も、くれぐれも、

・マスク着用

・各自手指消毒剤とタオルを持参

を必ず行うとともに、体調がすぐれないなど少しでも感じたら参加予定であっても躊躇せずに休んでください。その際、ご一報ください。

以上、


5月の支部会も中止にいたします

5月

5月に予定していました支部会も、自粛体制に従って中止といたします。

感染症そのものへの対処は各自万全に、仕事に臨みましょう。

恐怖や警戒心もじわじわと広がっている気がします。体にも影響が出てきますね。そういう患者さんも増えてきているのではないでしょうか。

こういう時、鍼灸でできることは大きいです。自分の身を守と同時に、周りに方々の身を守り、

また支部員が一堂に会することができる日を待ちましょう。


次の支部会は2月16日です 戸塚です!

2月の支部会は第3日曜日の16日です。本部例会は第2日曜日。変則的なので間違えないようにお願いいたします。 場所は通常通り「戸塚男女参画センター」にて10時からスタートします。 10:00 出席確認 会務報告 10:20 症例発表 10:55 講義 11:30 基本刺鍼 13:00 小里方式・模擬臨床 16:30 反省会 脉のこと、突き詰めて行きましょうね。   1月の総会はこれからの会の運営について色々と話し合えたと思います。総会の時だけでなく、いつでも支部会の内容など改善点に気づかれましたら支部員はメーリングリストに意見を挙げて行って下さい。 今年1年も!頑張りましょう。

12月8日は今年最後の支部会です

あっという間に師走となりました。

12月の支部会は8日(日)に横浜の県民センターにて行います。

スケジュールはいつも通り

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表
10:55 講義
11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

止むを得ず欠席される方はメーリングリストにご連絡ください。

また聴講も受け付けています。お問い合わせのページよりご連絡くださいませ。


6月の支部会は9日。戸塚で開きます

6月の支部会は第二日曜日の9日です。

場所は戸塚男女共同参画センターです! お間違えないよう、いらしてください。

スケジュールはいつも通り、

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表
10:55 講義
11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

また、事情でお休みされる場合は支部メーリングリストへご一報ください。

聴講生も募集しています。脉診流経絡治療を体験してみませんか?ホームページの「お問い合わせ」からお申し込みください。担当者が折り返し返信します。携帯電話の場合、toyohari-kanagawa.comのアドレスが受け入れられるよう、設定の確認をお願いいたします。

5月の支部会報告

5月は連休中にも関わらず出席してくださってありがとうございました。聴講生の方も参加していただき、13名での支部会となりました。

5月の支部会でもお知らせした通り、今年のテーマは「脉診力」です。脉診力の向上って、大きいテーマです。一気にやるのは無理かもしれない。慌てることはありません。

自分の今の問題はどこかを考える、まずは脉を診られるようにしよう!

どこが問題なのかわからなければそれを見つける。周りにいる支部員に聞いてみよう!

何かしら解決できることが一つでもありますように。(近藤)


次回の支部会は3月10日。2月の報告もあります

腹診 色やツヤが違いますね

3月の支部会は 10日(日)です。

会場は通常通り横浜の県民サポートセンター、10時スタートです。

予定

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表
10:55 講義
11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

都合によりお休みされる方は、支部長もしくは学術部長にご連絡ください

聴講生の参加も、もちろん募集しています。ご希望の方は「お問い合わせ」のページよりご連絡くださいね。

2月の支部会報告

取穴する

2月は聴講生の方が4人参加されて、フレッシュな感じの支部会となりました。参加された皆様、楽しんでいただけたでしょうか。

「楽しむもんじゃないだろう!」

なんて思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし苦しむものでもありません。聴講に来てくださるのは個々で理由が違います。

経験者の方は、より技術の研鑽を!初めての方は経絡治療の体験を! 

何か一つでも「そうか!」と思えるものを掴んで帰っていただくのが、支部会の役目の一つだと考えています。

何かを手に入れたら、よし!明日、使ってみよう!と思う。
ワクワクする事です。楽しんでください。

鍼一本で体が変わる。 経絡治療の面白さ、凄さを今回も各自、持って帰れましたね?近藤も、しっかり手に入れました。(近藤)


10月の支部会は7日です。お間違えないように!

10月の神奈川支部会は、

10月7日(日)です。

本部会が第2日曜日の14日ですので通常とは日程が異なりますのでお間違えないよう、お願いいたします。

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表
10:55 講義
11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

都合によりお休みされる方は、支部長もしくは学術部長にご連絡ください

聴講としての参加、大歓迎です。脉診流経絡治療に少しでも興味を持たれたら、ぜひご参加ください。

午後は取穴で基本的な経穴の位置を確認します。意外と個々でズレが生じてくるものですので、こういう再確認は重要です。

小里方式では鍼の打ち方を脉を診ながら検証していきます。脉の変化を感じ取っていただくのも目的の一つです。

お問い合わせ・お申し込みは、

お問い合わせのページから!

 


9月9日が支部会です!

9月の神奈川支部支部会は、予定通り9日に、横浜の県民サポートセンターで行います。

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表
10:55 講義
11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

都合によりお休みされる方は、支部長もしくは学術部長にご連絡ください

聴講としての参加、大歓迎です。脉診流経絡治療に少しでも興味を持たれたら、ぜひご参加ください。具体的にどういう鍼治療を行っているのかを体験していただくのが一番だと考えています。お問い合わせ・お申し込みは、お問い合わせのページから!


8月の支部会は5日です! 場所は支部長の治療院です。:それと7月の支部会報告

8月の支部会は、最初に決めた予定から変更があり、

8月5日(日)の10時から

です!

場所は鈴木支部長の治療院にて行われます。

鍼・灸・マッサージペンタ

9時半に洋光台の駅に集合しますので、迷いそうな方は時間までに駅においでください。

日時、場所に間違いのないよう、お願いいたします。

 7月の支部会報告

7月支部会

7月は、江花副理事長をお呼びしての支部会でした。
講義は、各自のレベルで思うことあり!のお話で、ためになったと思います。反省すること、しきりです。自分の治療がどういうものなのかをしっかり見直し、足りないところ(たくさん!)を支部会・本部会で補強修正していきましょう。

午後の実技でも、取穴から模擬治療まで、各班をまわって的確に指導していただけました。
一番の価値は、江花先生の鍼を受けられたことじゃないでしょうか。習熟者の方はもちろん、講習部の皆さんは、先生の補法を受けた感じをしっかり覚えて、どういう鍼をすると良いのか、を考え実践していきましょう。

江花先生、本当にありがとうございました!(近藤)


3月の支部会報告

3月18日は神奈川支部会でした。

 

日程も通常通り、10時からスタートします。
また、都合で欠席する場合は支部長(鈴木)と学術部長(佐藤)にご連絡下さい。

10:00 出席確認 会務報告
10:20 講義    53期 近藤優子 「四大病症」
10:55 症例発表  54期 中島有史 「バセドウ病」
11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

今回の実技は、4月に控えた合同支部会の実技テーマ、是鍼と円鍼について予行演習をかねて行いました。日頃の臨床で使い慣れた人から、今回が初めてという人もいましたが、基本的な使い方は身についたでしょうか。

鍼灸学校では、あまり使わない是鍼と円鍼ですが、気の動きに敏感な方や子どもなどにはよく効きます。侮れません。

敏感じゃなくても効いているのですよ。感じ方がそれぞれ違うだけですから。

 

震災があった時に、是鍼と円鍼で被災者の方々を治療をしていたという鍼灸師の先生もいました。

是鍼と円鍼は常に携帯し万一に備えるという鍼灸師の先生もいます。

それほど優秀な是鍼と円鍼です。ぜひ、今日、学んだことを臨床でも実践してみて下さい。

 

 

(藤原)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。