「 合同支部会 」一覧

11月17日に合同支部会があります 松下先生招聘のご報告もあり

11月の支部会は、中央合同支部会として関東一円の支部が集まって行う大きな支部会です。

会場は 渋谷区本町区民会館
〒151-0071 東京都渋谷区本町4丁目9−7

10時から点呼、班割りなどの説明を行います。遅れないようにおいでください。

11時から12時まで午前の実技、

午後13時から16時まで午後の実技です。午後には特に脉診の手技の時間をもうけ、脉診力の向上を図ります。

聴講ももちろん可能です。いつもと違って多くの東京近郊の支部のメンバーが揃う支部会となりますので、都合のつく方は是非、参加してくださいね!お申し込みのページからお申し込みください。

10月の支部会には松下弘陽先生に来ていただきました

テーマとしてお願いしていたのは「証決定」について。

証決定といってもなかなか範囲が広いです。自信が持てなくて証に迷いが出るなど、支部員からの質問を踏まえて、松下先生の経験をもとに講義をしていただきました。

午後には松下先生の治療を拝見したいと考え、各班で先生の治療、四診法から刺鍼までを見せていただき、各班の小里式や模擬臨床でもアドバイスをいただきました。

みんな!勉強になりましたね。

近藤が思うに(すみません、個人的見解を述べて)、講習部では統一見解に基づいた学術・実技をとことん習います。脉がわからない、腹診がわからない、問診でよく聞き出せないなど不安になる気持ちも痛いほどわかります。しかし、先輩によく言われて来たことですが、今の自分にできる経絡治療があり、結果を出すことができる、ということ。

色々な講師の方のお話を聞いていると、先輩たちから習って来たことを自分で消化して行くことが大事なんだなと痛切に感じます。どの先生も、習ったことをやるのではなく、それを自分の感覚で理解して覚えて行くことをやって来ているんだと思います。

鍼をするのは自分だから、自分が感じる肌や脉を咀嚼・理解して行きましょう。自信を持って1本の鍼が打てる様に!なるはず。

自分の手で読み取れる限り読み取ってね!!


4月の合同支部会報告

桜の花

4月の支部会は、中央合同支部会として15日に行われました。

中央合同支部会
4月15日 目白大学新宿キャンパス
9:40 集合・点呼
9:50 開会・支部長、実行委員挨拶

10:00 日程・実技解説・実技流れ説明

10:20 実技①『基本刺鍼』(補法と和法)
11:30 実技②『取穴』(陰経の基本7穴)
12:30 昼食
13:30 実技③『鍉鍼と圓鍼のみを用いた模擬臨床』
14:40 実技④『テーマに基づいた模擬臨床』
16:10 感想
16:30 会場復旧・整理

今回の合同支部会では、てい鍼と円鍼の使い方について学びました。

以下、てい鍼の使い方についてです。参考に今後の臨床に役立てて下さい。

●中田先生、アドバイス
テイ鍼の基本は経穴に垂直、スーッと取り軽く蓋をする。補瀉迎随では尖った方で
経に逆らい 2・3 回なでれば瀉になる。経に随えば補になる。

●柳下先生、テイ鍼の使い方
※『原論下巻臨床考察 第 9 講』より
テイ鍼の使い方で最も大事な事は「陥する事なかれ」という言葉である。
穴所が周りの皮膚より凹んではいけない。鍼痕がつくまで押すのは下工
(それでも効果はあるが)。
気血虚で、体力のない患者が肺虚で太淵に跡がつくまでテイ鍼を当てると、やられ
た側の手が重くなる、あるいは胸がつねられたような感じになる、呼吸を深く吸えなく
なる。豪鍼でもやった方の手や足が重くなるのは、押手が重いか、鍼を押しすぎた場
合である。
テイ鍼を穴所に近づけて行くと患者、季節によって違うが、穴所につかないうちに
脈は締まりが良くなる。そこを過ぎ鍼先が穴所に付くと脈は開く。
そこで補法を行うと脈は締まり良い脈になる。テイ鍼は穴所に付けると脈は開くが、そ
れで良い。テイ鍼は、そのようにできている。脈を締めた方が良い患者は、テイ鍼を近づけていって、1,2 ミリ離した所で、それ以上、穴所に近づけない。従って「陥する事
なかれ」という言葉に適合している。
心臓神経症、精神的な病の患者は脈を締め過ぎると具合が悪い。気の漏れやす
い、気の巡りが速い患者は、脈を締めたら具合が悪い。そういった患者はテイ鍼を使
う。
テイ鍼の先は玉になっているから穴所に付けると脈は開く。テイ鍼の先が
尖っているなら脈は締まる。人間の気は体から離れるほど薄くなるので、それを計算
に入れ、古典でテイ鍼の長さは 3 寸 5 分となっている。

 

(藤原)

 



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。