11月の支部会報告

 

11月第3日曜日の19日に支部会を開催いたしました。

 

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表  「坐骨神経痛」鈴木仁
10:55 講義    「病因論」 小林聡志
11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

 

出席者は聴講生2名を含めた18名でした。

取穴の時間は聴講生~講習部2年生までは、基本の陰経7穴をこれ以上の班では陽経や陰経の絡穴などの取穴をしました。

取穴の時間に毎回感じることは、「生きたツボ」を取穴する難しさです。

定められた部位や取り方で取穴をしても、人によって取穴部位に差が生じます。ほんの僅かな取穴の差で脈状が大きく変化します。

「生きたツボ」は、たぶん同じ人でも必ず毎回同じ位置に存在するわけでもなく、必ず左右対称にあるわけでもないと思います。その時の反応を診て取穴する。その繊細な技術を習得するために私たちは集まって勉強しています。

ただ漠然と支部会に出席するのではなく、何かしら持ち帰って自分のものにできたらと思います。

それは、あなた次第です(*^^*)

 

(藤原)


12月の支部会は12月10日です


12月も予定どおり、第2日曜日の10日に支部会を開きます。部屋は県民サポートセンターの306 号室です。

早いもので、2017年最後の支部会となります。年度的にはまだですが、今年一年の成果を確認しましょう。

 

10時からスタートしますので、遅刻のないようお願いいたします。
また、都合で欠席する場合は支部長(鈴木)と学術部長(佐藤)にご連絡下さい。

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表
10:55 講義
11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

(近藤)


10月の支部会報告

10月の支部会報告です

脉をみる写真

10:00    出席確認  会務報告
10:40    講義「証決定」 52期 鈴木 敏之
11:00    症例発表「アトピー性皮膚炎」 48期 西山 憲一
11:30    基本刺鍼
12:00    昼休み
13:00    取穴
14:20    小里方式・模擬臨床
16:30    反省会

今月は 16名の支部会員が参加し、部屋が狭く感じるほど熱気のある支部会となりました。

午後からの、今年のテーマである「取穴」の時間ではマーカーで各自印をつけ、

・人によってどれだけ場所が違うのか目でみてチェック
・テイシンをあてて脉をチェックし、どの場所が一番脈がよくなるのか検証

など、経穴の基本的な場所と生きているツボの確認を行っています。

基本刺鍼の練習と共にツボの確認作業をし、
毎月の支部会の実技で基本技術の再確認ができるようになっています。
色々とプランを立ててくれた学術担当の佐藤先生、ありがとう!

(近藤)


9月の支部会報告

9月17日に支部会を開きました。

 

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表

・症例発表「上腹部の不快感」
55期 松岡 優衣

・症例発表「肩コリ」
56期 清水 芳江

11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

 

今月の支部会は2名の方の症例発表がありました。一人は初めてで、もう一人は2回目の症例発表でした。人前での発表は緊張したと思います。

症例発表も講義も、その担当者のその時その時のレベルに応じた発表になると思います。今回2回目だった発表者は前回よりも格段にレベルアップしていました。

経絡治療に限らず何事も、成長著しい時と壁にぶつかって伸び悩む時期が必ずあると思います。それでも続けていれば、きっと更に上達して見えなかったことが見えてくるように、できなかったことが出来るようになってくると思います。

共に励まし合いながら学んで行けたらと思っております。

発表者のお二人、ご苦労様でした。

(藤原)

 


10月は8日が支部会です

脉診の写真1

10月は予定どおり、第2日曜日の8日に支部会を開きます。部屋は県民サポートセンターの306 号室です。

10時からスタートしますので、遅刻のないようお願いいたします。

また、都合で欠席する場合は支部長(鈴木)と学術部長(佐藤)にご連絡下さい。

10:00 出席確認 会務報告
10:20 症例発表
10:55 講義
11:30 基本刺鍼
13:00 小里方式・模擬臨床
16:30 反省会

午前中は今年のテーマである取穴と基本刺鍼を行います。確実に、ツボを捉える練習をすると共に、脉の変化で取穴や押し手など技術の良し悪しを読み取れる練習をしましょう。

聴講も、もちろん募集しています。

どしどし、いらしてくださいね。お申し込みは「お問い合わせ」のページより、お願いいたします。


8月の支部会報告

8月の支部会報告です

脉をみる写真

10:00    出席確認  会務報告
10:10    講義「鍼専門家への道」 浅場先生
11:30    基本刺鍼
13:00    取穴
14:20    小里方式・模擬臨床
16:30    反省会

 

今月は 9名の支部会員と2名の聴講生の参加者がありました。

8月は通常の支部会はお休みで、今回は任意参加となっているため、少人数によるものとなりました。少人数であるからこそ、実技はじっくり質問もできて、これもまた良い機会となったことと思います。

また、浅場先生の鍼専門家への道の講義は、各人各様に響くものがあったはずです。先輩先生の言葉を大切に、自分たちの鍼の向上を目指していきましょう。

(近藤)


7月の支部会報告

7月の支部会は篠田理事をお招きしての充実したものとなりました。

篠田先生と共に

支部便りで篠田先生のお話を改めて読ませていただくと、知識と経験に基づいたお話で、聞けたことを感謝します。

1日のスケジュールは下記の通りでした。

10:00 出席確認 会務報告 支部長挨拶

10:10 講義「証決定」 篠田理事

11:20 基本刺鍼

13:00 取穴

14:20 小里・模擬臨床7月支部会

16:30 反省会

基本刺鍼では、篠田先生に押し手や刺し手の指導をしていただき、取穴では生きているツボとはどういうものか、ちゃんとツボが取れたときに脉がどう変わるのか、などなど色々と気づかせていただきました。

「手から手へ」をモットーとする東洋はり医学会の良いところは、先輩鍼灸師の先生たちがこうやって一人一人にその人の技術的な指導をして、後輩に学ぶチャンスをたくさん与えてくれることだと、なおさらに感じます。

班員全員が脉を診ながらの指導ですので、鍼をして指導してもらっている人だけが学ぶわけではありません。全員、指先で感じ取るものがあります。

貴重な時間でしたね。

その後、新入生歓迎会も兼ねて、篠田先生を囲んで懇親会も楽しみました。

7月懇親会みんな、いろいろな話に盛り上がっていたようです。

飲んでいても、鍼の話ばかり。

そういうメンバーです。

(近藤)

8月は13日に支部会です。

8月13日(日)に、
「県民サポートセンター」710号室にて
10時から支部会が開催されます。

8月は任意参加となりますが、皆さん、こぞって参加をお願いいたします。


支部会報告 6月

6月の支部会報告です         

10:00    出席確認  会務報告
10:10    症例発表「左首こり、肩こり」55期 伊藤 岸代
10:35    講義 「病証論」  54期 中島 有史
11:25    基本刺鍼
13:00    取穴・小里方式・模擬臨床
16:30    反省会

 

今月は17名の支部会員と2名の聴講生(内1名は渋谷支部所属)の参加者がありました。

講義(研究部以上の支部会員)や症例発表(全員)は、持ち回りで発表するのですが、皆さん、よく準備をしてこの発表に臨んでいるなと思います。

発表することによって、じっくりと自分の治療を見直したり、参考図書を再度熟読したりして知識の吸収を図れます。

もしかしたら、発表は不慣れなこともあるかもしれませんが、回数を重ねるごとに成長はしていくと思います。

実技時間だけでなく、午前中の講義や症例発表の時間も、発表する側も受ける側も勉強になる時間だと思います。

(藤原)


篠田豊先生をお招きしての7月の支部会は7月16日です。

7月の支部会は、予定通り7月16日(日)です。

今月は、本部の篠田 豊先生をお招きして、講義と実技の指導をいただきます。なかなか無いチャンスです。聴講希望も受け付けておりますので、是非、ご参加ください。

 

支部会は通常通り、10時からスタートしますので、遅刻のないようお願いいたします。

また、都合で欠席する場合は支部長(鈴木)と学術部長(佐藤)にご連絡下さい。

 

日程は下記の通りです。

10時    点呼 会務報告 支部長挨拶

10時10分 篠田理事による講義 「証決定」

       50分間 20分ほど質疑  

11時20分 基本刺鍼

12時    昼食60分

13時    取穴 70分間

14時10  休憩10分

14時20分 小里、模擬臨床

16時30分 実技終了

16時30分 反省 15分ほど

17時30分 懇親会 57期生歓迎会 横浜駅近くの「伝兵衛」にて行われます

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。