「 症例発表 」一覧

支部会報告 6月

6月の支部会報告です         

10:00    出席確認  会務報告
10:10    症例発表「左首こり、肩こり」55期 伊藤 岸代
10:35    講義 「病証論」  54期 中島 有史
11:25    基本刺鍼
13:00    取穴・小里方式・模擬臨床
16:30    反省会

 

今月は17名の支部会員と2名の聴講生(内1名は渋谷支部所属)の参加者がありました。

講義(研究部以上の支部会員)や症例発表(全員)は、持ち回りで発表するのですが、皆さん、よく準備をしてこの発表に臨んでいるなと思います。

発表することによって、じっくりと自分の治療を見直したり、参考図書を再度熟読したりして知識の吸収を図れます。

もしかしたら、発表は不慣れなこともあるかもしれませんが、回数を重ねるごとに成長はしていくと思います。

実技時間だけでなく、午前中の講義や症例発表の時間も、発表する側も受ける側も勉強になる時間だと思います。

(藤原)


3月神奈川支部会報告

3月19日(日)に、3月の支部会が開かれました。
聴講生を含めて21人が参加し、盛況な会となりました。

9:30  出席確認 会務報告

9:50  症例発表「右足裏のしびれ」 49期 鈴木 仁

10:30  講義 「五行穴の性格」 53期 藤原 浩美

11:00  基本刺鍼

13:00  小里方式・模擬臨床

16:30  反省会

 


2月神奈川支部会報告

2月支部会

2月19日(日)に、戸塚の男女共同参画センターにて開催しました。
*参加者15人 聴講生1人

9:30 出席確認 会務報告
10:00 はり専門家への道 49期 鈴木 仁
10:30 症例発表:「喉のつかえ」54期 中島 有史
11:00 基本刺鍼: 4班に分かれ、基本の補法・瀉法の練習

12:00 昼食

13:00 小里方式・模擬臨床: 午前の班で引き続き実技
16:30 反省会