神奈川支部会について

◆定例支部会

神奈川支部会では主に実技講習に重点を置き、「臨床につなげる実技」を目指して、少人数に分かれて実技講習を行っています。

一人での習得は難しい脉診、腹診、刺鍼なども丁寧な指導を行い、わからないことがあっても質問しやすい環境づくりをしています。

神奈川支部は、月に1回(偶数月は第2日曜日、奇数月は第3日曜日)、
横浜駅から歩いて5分の「県民サポートセンター」で支部会を開催しています。

◆支部の特色

男性鍼灸師 13名、女性鍼灸師 6名 の 19名(2017.2.1現在。会友、休会者含まず)が支部に所属しています。

年齢も20代~70代と幅広く、経絡治療初心者からベテランまで年代を問わず皆熱心に、そして和気藹々とした雰囲気の中、活動しております。

2017年2月

2017年2月支部会

神奈川支部は2015年に50周年を迎えました。

50年の歴史のある支部ですので、その間に理事や指導理事を輩出しており、また開業している人、開業を目指して頑張っている人も多くいます。支部員の治療を受けられる場所や連絡先は、「支部員の治療」をご覧ください。

2017年のテーマは「取穴」です

2017年度の神奈川支部は、「取穴」をテーマにしています。

取穴は出来ているようで出来ていないことの多いものです。

実技では班ごとに、基本的な経穴の場所を取穴し、正しく取れているのか確認、そして「生きたツボ」を見つけることも練習していきます。基本的な場所を知らなければ応用は効かないものです。支部会でしか出来ないことは、自分が取るツボが正しいものなのかどうか、班員に脉を診てもらってチェックできることでしょう。

各自のレベルや必要性に応じて自分で小テーマを決めて参加するのが大事です。まず自分の弱点や問題点を知りましょう。それを支部会で諸先生と話してください。解決法が見えてくるでしょう。

こうして、毎回何かしら得るものがあるように充実した会にしていきたいと考えています。

今後は取穴に関して小テストなども行っていく予定です。

◆聴講を希望される方へ

聴講は随時受け付けています。詳しくは「聴講希望の方へ」のページをごらんください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

2018年神奈川支部会の年間スケジュール

2018年神奈川支部会の年間スケジュール
2月18日 戸塚男女共同参画センター
3月18日 県民サポートセンター
4月15日 中央合同支部会 目白大学
5月20日 県民サポートセンター
6月10日 県民サポートセンター
7月15日 県民サポートセンター
8月12日 県民サポートセンター
9月 9日 県民サポートセンター
10月7日 県民サポートセンター
11月4日 県民サポートセンター
12月9日 県民サポートセンター